ホーム > ビオトープの作り方:生物を入れよう

+BIO MENU+
 




 睡蓮鉢に水を入れてから2〜3日もすれば濁りもとれ、水道水に含まれる
 カルキも抜け生物を入れられる状態になります。



 購入した生物をいきなり睡蓮鉢に入れることは絶対にしないで下さい。
 温度、水質の変化でショック死してしまいます。

 

 生物が入れられている袋ごと睡蓮鉢に浮かべます。
 こうすることで、睡蓮鉢と生物が入れられている水の温度を合わせること
 が出来ます。

 

 1時間程で温度合わせが終わりますので別の容器に生き物を入れます。
 この容器に睡蓮鉢の中の水を少し入れ30分から1時間程待ちます。
 この作業を4〜5回繰り返し、水質に慣れさせます。

 

 水合わせが終わったら、生物をゆっくりと睡蓮鉢に移します。
 生物が自ら容器から出て行くようにするのが理想です。



 トップへ戻る